川井小児科クリニック

ホーム
あいさつ
医院の案内
予防接種・乳児健診
赤ちゃんのスキンケア
夜尿症治療
食物アレルギーの治療 スギ花粉症の舌下免疫療法 シナジス外来 弱視スクリーニング検査

 
子供の弱視の早期発見に
弱視スクリーニング検査をうけましょう

みなさん、「弱視」ってご存知ですか?

赤ちゃんは生まれたばかりの時は、明るいか暗いか位しか分かりません。
しかし、1ヶ月位で物の形が、2ヶ月位で色が分かるようになり、 3ヶ月になると動く物を追って目を動かせるようになります。
そして、6歳頃には大人とほぼ同等の視力になるようです。

人間のいろんな能力は、正しく繰り返し使うことで発達しますが、  視力もその一つで赤ちゃんの頃からいろいろな物を見ることによって、それが刺激となり神経細胞や脳細胞が発達していきます。
健康に視力が発達するためには、両目を同時に正しく使って見る、ということが重要です。

しかし、この視力が発達する時期に適切な刺激が得られないと、 視力の発達が妨げられてしまいます。
このように視力が悪い状態で止まってしまうことを「弱視」といいます。

弱視の原因としては、屈折異常(近視・遠視・乱視)や斜視、不同視などがありますが、 3歳児健診でこれらが見逃された場合に、治療が遅れ、十分な視力が得られないとの指摘がなされています。

お子さんへ以下のような症状があり「弱視」をご心配の方はご相談ください。

  • テレビや絵本を見るときに目を細めたり、首をかしげたりする
  • 何となく、目の位置が偏っている気がする
  • 絵本などに集中するのが苦手
  • テレビを見る位置が異常に近い
  • つまずきやすい、転びやすい
  • 絵や物、人を見まちがえることがある
  • 視力検査などで目を隠すのを極端に嫌がる
  • 階段を異常にこわがる


   お子さんの弱視は
           95%が改善できます!


視力スクリーニング検査(スポットビジョンスクリーナー)
小さなお子さんは検査自体が難しい事も多いです。
こちらの検査ではお母さんに抱っこされたまま、数秒で近視、遠視、乱視、不同視、瞳孔不同などの異常を検出することが可能です。
当院でのご予約、実施方法
  1. 当院で乳児健診を受けられる方は、全員無料で弱視の検査をうけられます。
  2. 気になる症状があって、弱視の検査をご希望される方は下記の時間にて検査を行う事ができます。
    受付にてご予約ください。
    • 木曜日:10時
    • 金曜日:13時
    • 土曜日:10時
1回目の検査で異常が出た場合には、原則として日を改めて2回目の検査を受けていただきます。
同様の結果が出た場合には、精密検査のため眼科専門医にご紹介します。