川井小児科クリニック

ホーム
あいさつ
医院の案内
予防接種・乳児健診
赤ちゃんのスキンケア
夜尿症教室
食物アレルギー児のための栄養指導 食物経口負荷試験



食物経口負荷試験のご案内

食物経口負荷試験とは?

血液検査だけでは、食物アレルギーを正確に
判断することはできません。

そこで、アレルギーの原因と考えられる卵、
牛乳、うどん(小麦)などの食品を実際に
食べてみて、どの程度摂取できるかを
検査するのが食物経口負荷試験です。

今まで除去してきた食品が食べられるように
なったかどうかの診断が可能となる他、
症状が誘発される量を明確に求めておく事で、
日々の食生活で摂取できる分量や食品を選別
することができます。


実施日

毎週 月・金 曜日の9時30分から実施しています。





実施方法

院内で原因と考えられる食物を持参いただき、一定量を
食べてみて、アレルギー反応が出るかどうか確かめます。


症状が出た時の対処

食物経口負荷試験では、かゆみ・じんましん、咳・喘鳴、
腹痛・嘔吐などの症状からアナフィラキシーという全身の
症状を引き起こす場合もあります。

当院では、医師、看護師によるこまめな観察を行っています。
症状が出た際には、検査を中止し迅速に治療を行います。


その後のフォロー

負荷試験の結果をもとに、摂取できる食品の種類・量を
指導します。
定期的に通院をしていただきながら、徐々に摂取可能量を
増やしていきます。